<   2014年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

「ぱ」までの道のり

e0048933_1820416.jpg
チマタでしばしば目にするラップブレスを、革ひもじゃなくオールビーズでこさえてみました。
エレガントなレディ(私のことです)には、どこもかしこもキラキラなのが似合うかな、と思って。
使い勝手がいいので、何となくブレイクしそうな予感。しかし当たったためしはない。
友達が4人くらいつけてるから、一応ヒット商品かな。一応(笑)。
幸薄い感じになってきた首回りにも、ぐるぐる巻きつけたい今年の秋です。

それはそうと、先日久しぶりに訪ねた友人宅の玄関口に、大きな丸い敷石が並んでまして。
見た瞬間、発作的に けんけんぱ をしちゃった私。
しかーし。
けん・けん の2回目の けん で足を踏み外しコケました。あやうく病院送りだわよ。
ぱ まで行きたかった。行けると信じて踏み出したのに。
多分、いや確実によろけたわけで。くるぶしの上の方がしばらく痛かったのよ。
そんな塩辛い10月も終わります。・・・ホントはまだちょっと痛いから、治ったら練習しようっと。
[PR]
by martinne | 2014-10-29 18:52 | 工房
e0048933_1952148.jpg
ここ数年、北欧ミステリに転び続けてる私。
暗くて重い話が多いので、人にはちょっと勧めにくいのが玉にキズ。勧めちゃうけど。

のっけから舌を噛みそうなアーナルデュル・インドリダソンはアイスランドの作家。
「湿地」そして「緑衣の女」、今読めるのはこの2冊だけ。
このシリーズ、もっと読みたくてたまらなすぎ。アイスランド語(・・・なのか?)ができたらよかった。
できないので、ひたすらに翻訳を待ち焦がれている今日この頃です。がんばって!

北欧の作品は、ページを繰るのを躊躇してしまうような陰惨な描写も多いけど、事件の背景や社会問題が胸に刺さるものが多い(自分比だけど)のが魅力。
誰かのために祈りたい、そんな気持ちになったり、あと、ちょっと泣いちゃったり。
それにしても、名前の「デュル」率高し。
作者はアーナルデュル、登場人物はエーレンデュル、シグルデュル、ホスクルデュル・・・どうすりゃいいのよ。
[PR]
by martinne | 2014-10-16 19:49 | LOVE
なんともはや、幸せな9月でした。

テーマは、ピンク好きのあのヒトへ。
贈り主・贈られ主の好みはバッチリ頭に入っているので、まるっとお任せいただきました。
秋の夜長、あんなことこんなこと思いながらのピンワーク。
差し色のグリーンやイエローも秋仕様です。
お渡しして、身につけていただくところまで立ち会えました。
自分で言うけど、グッジョブ私。
e0048933_8351266.jpg


このワンピースに合わせて、というネックレスのオーダー。
最後の最後まで、パープルを入れるか抜くかで悩みましたが、悩んだ分これが正解。
あつらえたようにぴったり!いや、あつらえたんですが。かなりすてきー。
e0048933_83454100.jpg


こっちのブルーも捨てがたい感じ。金具の色でもかなり印象が変わります。オータムブルー万歳。
e0048933_8352860.jpg


以上、9月の手仕事、抜粋してみました。

この9月は、指先でめいっぱい秋を満喫。
ひと息ついて顔を上げると、着る服が無いっ!
そういえば、去年衣替えの時景気よく処分してしまった気がしないでも。アクセサリーはあるのにな。
お天気もいいので、あとでふらふらしてこようっと。
[PR]
by martinne | 2014-10-09 09:01 | 工房

beadsと私のてんてこ毎日


by まるちーぬ