カテゴリ:自家製( 119 )

梅酒ヌーボー

e0048933_033949.jpg特別なシェフが、きちんと働いてくれました。
6月に仕込んだ梅酒が、そろそろよろしいようです。ワインベースははぢめての事だったので、上手くいくかどうか不安だったものの、そこはほら酒好き、もとい、アルコールを愛し嗜む者として、気合いと念力で。
試飲してみると、白ワインも赤ワインも、どちらも捨てがたく美味しいわ。えっへん。みんなちがってみんないいみすゞ的梅ワインなのよ。
まだ梅のフレッシュな香りがするので、口当たりがジュースのよう。
飲み過ぎないように、注意が必要だと思われます。あー、はいはい、ワタシがね。
[PR]
by martinne | 2008-09-15 00:12 | 自家製

特別なシェフ

e0048933_23233555.jpg
今年もまた梅酒を仕込む時期になりました。
漬けながらいつも思い出すのは、長田弘さんの「食卓一期一会」という詩集。
「言葉のダシのとりかた」に始まって、全編言葉の料理で溢れているお気に入りの一冊。
漬けてしまったら、あとはもう時間がたつのを待つしかなく、詩に出てくる「時間という料理人」という言葉を、毎年毎年噛みしめて秋を待つの。今年も仲良くしてもらいたいわ。e0048933_23234435.jpg


今年の梅酒。ベースはウイスキーとワイン(赤と白)。
[PR]
by martinne | 2008-06-09 00:10 | 自家製

清く正しく分かりやすく

今日はクロッシェのレッスンをしました。
あー、難しかった。言葉で正確に伝えるというのは、本当に難しい。
「輪を作ってから、一番目のビーズと糸の間に針を入れる」というのは、「ビーズが外側に来るようにして輪を作ったら、一番最初に編んだビーズとくさり編みの間に針を入れる」と言わなければなりません。最終的には「ここ!そうです、ここです!」となっちゃうのが常なのですが。
話を聞いて納得したい人もいれば、話を聞くのは苦手という人もおり、そのあたりの匙加減はいつも悩むところ。
とりあえず、「あれ」とか「それ」とか言うのは極力控えるよう努力します(当たり前だ)。みなさんお疲れさまでした。
e0048933_21504976.jpg
市販のパイシートで作るお手軽アップルパイ。手間をなんにもかけないのにそれなりに焼き上がるのが素敵。折りパイは買うに限るわ。きっぱり。
[PR]
by martinne | 2008-03-14 22:13 | 自家製

困った時のマチェドニア

先ぢつ、問答無用にまたひとつおねいさんになってしまいました。
気持ちは相変わらず、球児に恋するヲトメのままなのになぁ。あなおそろし。
人は、いや、ワタシみたいなのは、一体どこいらへんで人として成熟するものなのかしら?その日が待ち遠しいんだけど!できましたら、意識のしっかりしているうちにお願いしたいです。
スイッチでもあればいいんだけどなぁ。明日から我にかえりますスイッチ。まあ、こういうことを考えている時点で、既に失格ですな。どんまい。
内省(?)しているうちに、情けないやら残念やらでご飯が喉を通らなかったら困るので、フルーツのマリネをこさえました。私は、洋なしや柿がとろりんとなるのが格別に好き。
うちに来たことがある人は、大体みんな一度は食べているロングランのデザートです。さっぱりしているので、もたれた胃にも、やるせなさにも効果大。今は苺だけど、アメリカンチェリーでも美味しいよ。
e0048933_22161920.jpg

[PR]
by martinne | 2008-01-26 23:01 | 自家製

滋養強壮プリン

e0048933_2281827.jpg
ケーキ型で焼いたうすうすでかプリン。
カレースプーンですくって、カラメルたっぷりめで食べるのが好き。
カラメルソースも、こぢゃれたほろ苦さより、素朴な甘さのが合うと思います。だって、おうちのおやつだから。ここ数日の寒さにへこたれない系おやつ。
ミルクと卵があれば、たいていの事はうまくいくような気がするの。
[PR]
by martinne | 2008-01-19 22:13 | 自家製

すだちの誘惑

e0048933_2219165.jpg
いただいたすだちで作ったシャーベット。
さっぱりしゃりしゃりがやみつきになるので、これだけはいつも惜しまず手間をかけて作ります。辛口批評家のどら娘達にも概ね好評。ゆずもかぼすもすだちも、どうしてこんなに美味しいんでしょ。必要以上に好き。もーホントに好き。
秋は果物も美味しいので、本当に困りもの。
「美味しいものを少しだけ(前記事参照)」のハズが、いつのまにか「美味しいものを少しだけ何度かに分けて」になっちゃう。
どうぞ明日も充実した三食でありますように。とりあえず朝、海苔の佃煮(高菜入りのピリ辛)と枝豆納豆(塩だれ)を前にして、誓いが守られますように。合掌。
[PR]
by martinne | 2007-10-15 22:39 | 自家製

Dear デカルト

一週間を騙し騙し切り抜けて、週末に取りこぼした所を拾う、そしてまた次の週~、というのが、近年のワタクシの生活スタイルでございます。嗚呼、情けなや。
しかしながら、だんだんそれもキビシイ時があるようになってきました。原因は、多分加齢による処理速度のせいかと思われます。あと、しつこいけどこびとさん
とりあえず、そういう状況を受け入れると段階は過ぎたので(あきらめがよいのが長所)、次は正しいお付き合いの仕方だな、と思います。これはね、そこそこうまく出来ると思うの。座持ちが良いのも長所なので。・・・長所でしょ。
そういうわけで、この秋は、爆発的に効く薬のおかげで、思索に耽ることができるのです。いつもは、ぼわ~んとしてるだけだもんね。ぢぶんを省みちゃったりもできるんですよ。我思う、デカルティック(?)な秋なのです。
e0048933_19172368.jpg
限りなくフーガスを目指したパン。お酒の友なので黒胡椒味。
[PR]
by martinne | 2007-09-30 19:36 | 自家製
e0048933_1922467.jpg暑い日が続くので、おやつもつるりん系が多くなります。
その昔流行ったパンナコッタは、我が家ではまだまだ現役。というか、むしろ遅れてきたブームというのに近いかも。いっつもそう。何でも後から来るの。幾星霜の乗り損ないぢんせい。
結局乗っちゃうところが気ハズカシー。

どんなに暑い日でも、熱いコーヒーだけは欠かせません。
午後の早い時間に、おっきいマグにわざわざ一杯だけドリップして、パンコナッタ(次女語)をつるりん。真夏日の至福。すこぶる快調な胃袋に魂の救済を!
[PR]
by martinne | 2007-08-29 21:10 | 自家製

言葉にできない

暑さが身体の芯まで染み渡る一日でした。
梅雨明けの声を聞いたので、すわ、梅干し!とばかりに、ベランダにて8月の恒例行事を。手のひらを太陽に透かしてみなくても、こういう事をしている時にビンビンと実感します、生きてんなーと。
午後は吹奏楽のコンクールへ。姉ちゃんの部活も、これでひと区切り。春からこっち、泣いて怒って笑って泣いてと、たくさん忙しかったね。ママのお弁当も、かなりハイレベルなトコロまで登りつめたよね(笑)?
まずはお疲れさま。これしか言わなくてごめんね。だって照れるし。照れた姉ちゃん見たらますます照れて、ママ悶え死んぢゃうよ。
e0048933_1842492.jpg

[PR]
by martinne | 2007-08-02 18:56 | 自家製

全治一週間

梅雨明けだそうです。毎日のお弁当作りも、明日でいったん打ち止め。はふー。
先だってから、一人で盛り上がっている薔薇のケーキ型。マドレーヌの生地で何度か焼いてみたものの、なにかスッキリしなかったの。なので今日は、パウンドの生地で試してみました。
うん。私にはこっちが良かった。こういうのが食べたかったんだってやっと分かった。焼きムラがあるのはご愛敬よ~。まずは、でめたしでめたし。
e0048933_19542497.jpg

ほんぢつは朝から病院へ。あ、でも心配ご無用です。
ちょっとした処置(美容整形に非ず!)を受けてきましたが、予想より出血した模様。感ぢの良いドクターだったのですが「うを~っ、出るねぇ」とか「あ~、先に縫っときますか」とか、ぽろっとはてな発言をするのがツボでした。お風呂から上がったら、絆創膏はがしてみるんだ~。わくわく(違う?)。
[PR]
by martinne | 2007-08-01 20:20 | 自家製

beadsと私のてんてこ毎日


by まるちーぬ