カテゴリ:LOVE( 106 )

6月の稲妻

ぴかびかごろごろの激しい雷に、思わずカーテン全開で見入ってしまいました。
でも、停電はヤメテ。オーブン使ってたのよ。どうしてくれる。
そんな中、うっかり口をついて出てきたのは、もちろんアリス。
もっとも、引き裂かれたのはワタシノココロではなくて、発酵途中のパンだったけどね!もー。
e0048933_2249221.jpg
蒸し暑い毎日なので、寝しなに飲むグラス1杯(fullぢゃなくてone cup)の梅酒が、最近のワタシの拠り所。
去年のバーボン梅酒が、個性的に仕上がっております。パンチが効いてて旨い!
今年は、なんとジンベースにチャレンジ。長田弘さんの言葉を借りるなら、後はもう、時間というシェフにお願いするだけ。美味しくなーれ。
さて。かみなり様は行っちゃったみたいだけど、念には念を入れて、おへそしまって寝なくっちゃ。って、今夜はまだまだ寝られないわ!
[PR]
by martinne | 2010-06-29 23:17 | LOVE

2連発びぢん

e0048933_10133676.jpg予想に反して、筋肉痛には苦しみませんでした。
肩胛骨辺りに鈍い痛みがありますが、それは筋肉痛とは言いません。言・い・ま・せ・ん。・・・ゼッタイ違うから。
とはいえ、花粉は容赦なく飛ぶし、雑用は増える一方だし、少々やさぐれつつある3月です。
e0048933_10134657.jpgそんな時こそあなたの出番!ということで、美人卵を山盛り買って来ました。
シフォンケーキの濃ゆいたまご色に高揚し、挽き肉オムレツの味わいに身悶えし、生きる喜びとは、まさに食卓からだと実感する一瞬。大げさな・・・。
残りの卵でキッシュを作ろうかとイメーヂしただけで、もりもり元気が出てくるの。なにそれ。
[PR]
by martinne | 2010-03-05 10:36 | LOVE

隣のサミュエル

e0048933_19354633.jpg先週、我が家のすぐ側にスーパーマーケットがオープンしました。
ちょっと珍しい商品もあるわ~と喜んでいたら、なんとその中にお気に入りのラガービールが!
サミュエル・アダムス。ボストンのラガービールです。こんな近くで買えるなんて!
私にとっては、独特なもろみ臭さが気にならない、かといって臭くないわけではないという、ラインギリギリ(自分比)のビールなのです。何だか訳が分かんないけどそんな感ぢ。
ああでも悲しい事に、ここしばらくは毎晩お茶しか飲んでいないの。だって、夜はベンキョーしてるんだもん。エライ?
平常心で受験生の母をやるのは下手だけど、シラフで机に向かうのは割と得意です。当たり前か。
[PR]
by martinne | 2010-01-27 20:15 | LOVE

衝撃のティータイム

e0048933_10384811.jpg
ショートブレッドが好き。
輸入食品のお店なんかに行くと、必ずひとつはカゴに放り込んでしまうのが常なのですが、この間買ったこれにはビックリ!のけぞりました。
なんでー?なんで大っきいまんまなの?カットした形で入っているとばかり・・・。くぼみはついてるけど、そういう問題?フツウはこうなの?知らなかったわ。
日常に潜むささやかなオドロキ(笑)。
[PR]
by martinne | 2010-01-22 11:30 | LOVE

宮沢ロマネスコ

e0048933_2255351.jpg
最近の私のバイブルは、ズバリこの本。
いつ何時、どのページを開いても面白い!場合によってはおヨダも出ます。
タイトルの「ロマネスコ」。何の事かとお思いでしょう。カリフラワーの品種名だそうです。
122頁のカリフラワーの項に「世界一美しい野菜ロマネスコ」と紹介されてました。
イタリアの伝統野菜だそうです。美しい上に旨味もぎっしりだそうで、素敵な野菜ぢゃないですか。茹でると翡翠色というのもいいっ!
・・・・・この話の流れだと、当然宮沢賢治にご登場いただくというパターンでして。
毎度の事ですが、サウイフモノニ ワタシハナリタイ的ろまねす子。いや、ロマネスコ。
久しぶりに、カリフラワーのスープが飲みたいです。「バスケがしたいです」の雰囲気でお読み下さい。
[PR]
by martinne | 2009-12-12 23:25 | LOVE

煮物パラダイス

今日は色々なものを作りましたが、どれひとつとしてカタチにならず・・・。
仕方がないので、お手紙書く代わりに、晩ごはんのおかずをアップする事にしました。黒ヤギさんだったら、お手紙で良かったのに。
今夜の献立は、豚バラ肉の生姜煮であります。焼き、ぢゃなくて、煮ね。
脂が抜ける分、生姜焼きよりヘルシーなのがお気に入り。お鍋に放り込んでおけば、自然に煮詰まってツヤツヤしてくる、まさに時間というシェフ(受け売り)が活躍してくれるお総菜なのであります。
しかしながらこれは煮物。うっかりすると、食卓が煮物だらけになってしまう場合があるのでご注意下さい。
例・・・今夜の我が家 → 生姜煮。 筑前煮。 昨日のカボチャ(もちろん煮物)。 おまけに寸胴スープ鍋。ガスレンヂの上が、やけにお鍋で混んでるなーと思った時点で気付きましょう。いや、気付け。おぼろろろ。
e0048933_19514053.jpg

[PR]
by martinne | 2009-11-25 20:13 | LOVE

行き過ぎファミリー

夕飯のチキンカツ。全長20㎝ありました。
大きな銅鍋で、ぢーっくり揚げるので、中はふわふわです。
e0048933_18102883.jpg
チキン大スキーなうちの人達の「必殺定番おかず」であります。
病める時も健やかなる時も、献立に悩んだ時も悩んでいない時も、まずはチキンから。
オットからコドモ達へ、チキン好きの血が脈々と流れているのを感ぢます。だって私のチキンへの愛はフツーだもん。
揚げてるうちにお腹いっぱい。でも、みんなが褒めてくれるから。家庭平和はチキンにお任せだ。でも、チキン、好き過ぎだと思うよー。

コッチは今日の私。グリーンが好き過ぎ(笑)。
e0048933_18104636.jpg

[PR]
by martinne | 2009-11-13 18:27 | LOVE
e0048933_2023192.jpg
立派なセロリです。
家族揃って野菜好き(歌合戦ぢゃないよ)なのを、日頃からアピールしているせいなのか、お野菜をいただく確率、かなり高めです。エンリョせずにすぐ手を出しちゃうし(笑)。
このセロリ、茎の部分は、さっと筋を取って浅漬けとピクルスに、葉の部分はサラダとスープにして完食。個人的嗜好だけど、トマトとセロリのスープって美味しいよ。
子供の頃は苦手だったけど今ではもうあの匂いこそがたまりません。もう爆裂大好き。
冷蔵庫には、深谷ねぎと花心白菜も控えているの。緑色の幸せです。
昔「パセリ、セージ、ローズマーリー&タ~イム」なんていう歌があったけど、今の私なら「トマト、セロ~リ、フカヤネ~ギ、はくさ~い、それと、れんこ~ん(字余り)」かな。口ずさむだけでおヨダが出そう。
[PR]
by martinne | 2008-12-11 21:39 | LOVE

恋の花咲くボルドー

e0048933_15593086.jpgツボ。
スワロフスキー・クリスタライズの新色のひとつ、ボルドーのパールです。ひと目会ったその日からもうめろめろ。
気分が高揚する赤なので、是非ともふんだんに使って、オトナっぽいネックレスを作りたいわ。もうこのまま糸に通しただけでもいいくらい。そうもいかない?だって500粒もあるんだよ。ぢゃらぢゃらじょろじょろでもいい気がするわ。クリスマスにもぴったりな色だし。
そうだ!お楽しみ会しなくっちゃ。プレゼント交換とかプレゼント交換とかプレゼント交換とか(笑)。
以上、手抜き炸裂の記事でした。お散歩行ってきまーす。
[PR]
by martinne | 2008-12-08 16:18 | LOVE

瞳つぶらか

今年もこの季節がやってきました。北へ向かって三拝~。
今年のイカはちゃんこい(小さい)そうですが、お顔はプリティ。毎年の写真を比べてみると、なかなか面白いの。いたましいからちょびっとずつ食べるんだー。
e0048933_2192844.jpg
久しぶりに北海道の友達と話したら、言葉が一気に戻っちゃいました。
そういえば子供の頃は、小さい缶は「かんかん」、大きい缶は「がんがん」って言ってたけれど、これってやっぱり方言?
「角食」という言葉があまり通じないのは、世代のせい?と思っていたのだけれど、もしかしてこれも?いや、でも、角食は標準語だよねぇ?
北海道弁の中でも、私は「・・・らさる」がすごく好き。ニュアンスとしては、自分の気持ちと関係なく、そうなっちゃうという感ぢ?(※使用例「イカが美味しいので、白飯がなまら食べらさる」)
ああ、北海道が懐かしいな。そろそろ新ぢゃがのシーズンだし、すてきな秋の到来です。蛇足ですが、「歓楓会」っていうのもあまり聞かないよねぇ。
[PR]
by martinne | 2008-09-19 22:08 | LOVE

beadsと私のてんてこ毎日


by まるちーぬ