祭りのあと(長い)

ここしばらく何かとお騒がせしておりましたが、ほんぢつ無事に無罪放免となりました。のび~。しかし、昔ほど緊張もせず、ほぼ(ここがポイント)いつもとおなぢように過ごせるようになったということは、それなりに年を重ねたから、と判断してよろしいのでしょうか?良いか悪いかは別として。

ちょっぴりスリリングだったのは、以下の出来事。
たまに通るパチンコ屋さんの外壁が、白にポップな水玉模様なので、以前から「こんな傘があったら可愛いなあ。カラフルで好きだなあ」と言っておりました。はい、もうお分かりですね。今日姑と通りかかった時、娘達が叫んでくれました。「あ!ママの好きなパチンコ屋さんだ!」。お義母さま、誤解です。

夕飯(←いつもよりちょっと豪華)を食べながらの会話。
姑が言うには、息子達が結婚する頃、嫁の条件を20ヶ程書き出して渡していたのだそうです(当然初耳)。その殆どを今では忘れてしまったそうですが、筆頭条件だったのが、とにかく料理の上手な女性にしなさい。顔は化粧で何とでもなるからどんなのでも良い、というのだったそう。・・・・・私の料理を褒めていただいたと理解していいんですよね?論点は容姿ぢゃないっスよね?悩みました、お義母さん。
e0048933_21183054.jpg
写真は、見学してきたウィスキー工場の樽。中に入るなり、何ともいえない良い香りが。味はフツウだったけど。
でも、ひと樽常備しておけたら幸せだなぁ。
[PR]
by martinne | 2006-05-07 21:48 | 日常

beadsと私のてんてこ毎日


by まるちーぬ