年に一度のミステリマガジン

e0048933_23401355.jpg最近はめっきり読書量が減っているけれど、こう見えても海外ミステリファンなのであります。
ビーズにのめり込む前は、絶版本を求めて遠征するのが趣味でした。読みたくて読みたくてぢたばたしている反面、いざ復刊されるとカチンときちゃう心情は、あざなえる縄の如し。オークションで高値のついている稀覯本を掘り当てた時の快感も忘れられません。あ、それをぢまんする時のキモチも(笑)。
ハヤカワミステリマガジンは、当時からお世話になっている雑誌。めぼしいバックナンバーは、引っ越しの時もこっそり運び込み隠してあるの。
毎年この時期に発行される3月号は、一年間の翻訳ミステリ目録が掲載されるので、必ず購入します。パラパラッとめくっていたら、「そして誰もいなくなった」のパソコンゲームがイギリスで発売される記事が目につきました。プレーヤーは11人目の登場人物になるんだって。面白そう!でもきっとすぐ殺されちゃうだろうなー。
[PR]
by martinne | 2006-01-28 23:59 | LOVE

beadsと私のてんてこ毎日


by まるちーぬ