赤いペンの謎

横着して、不自然な姿勢を取った途端、首の筋がピキーン。
あれ、おかしいな。右に曲がらないぞ。
ああ、やってしまった。気をつけていたのに。いてててて。湿布して寝ましょ。
・・・というような事を、年中やっています。気をつけたいのに。

気をつけついでに、気をつけていただきたいことを書いときます。
昨日、我が家の筋金入りのどら娘1(高3)が、「赤ペン買っておいて」とメールを寄こしたので、すかさず返信しました「どんなの?」って。
返ってきたのは、予想通り「何でもいい」。
この「何でもいい」が曲者で、この私、過去に何度も煮え湯を飲まされてるの。
見繕って買ってきたら「えー、こんなんじゃなくて」
なにそれ。

普通は、まず用途を伝えるよね?
基本ノートだとは思うけれど、細めか太めか、油性か水性かくらいは言わない?
自分の前提が、みんなの前提だと思ってるのがハラタツノリ。
他にも腹に据えかねてることが4つくらい貯まってたので、知らんぷりして極太の赤いマジックを渡してやりました。あーすっきりした。
もちろん慈愛に満ち溢れているわたくしですので、細いペンも買っときました。買いたくなかったけど。
e0048933_22284030.jpg

玄関飾りをリニューアル。
そこはかとなくハロウィン仕様で。
[PR]
by martinne | 2012-09-11 22:50 | 日常

beadsと私のてんてこ毎日


by まるちーぬ