深くて暗い川のお話

激動の6月が終わり(・・・詳細はまるっと省いております。でもまぁ、あれやこれやありました)、気候に対応しながら、日常生活をこなしていたら、夏休みが始まっちゃったわ。めそり。

そんな中、ちょとした縁で、心理学で使う性格分析のテストについて教えてもらう機会があり、先日さわりだけ体験してきました。
で、そんな話を、大分なうのオットにしたわけです。あくまで世間話として。
私が伝えたかったのは、大まかな私の性格を見てみると、例えばカウンセリングを受けに来がちなタイプとは対極にあるようだ、だから安心して留守を任せてくれたまえ、という程度のこと。
かなりざっくりしてますけど、とにかく聞き流してもらっていい話です。

テストの内容は、50ほどの質問に、はい、いいえ、どちらともいえない、で答えます。
直接分析に関係ないダミーの質問も混じってたりして、後からへぇ~っと思ったり。
で、どんな質問があったの?と聞かれたので、いくつか教えたところ、これがいけなかった。

「私はユーモアがあるほうだ」

センエツながらわたくし、「はい」に丸をつけました。
そうしたら、オット「それは、いいえだね」。・・・な、なんですと?
オット曰く、私はおちゃらけているだけで、それはユーモアとは違うものではないのかと。カチ~ン。
25年一緒にいて、この男は私のことをそう感じていたのか?その果てしない年月に愕然・・・。
やい。私にユーモアがなかったら、これでバイバイだぞ。
悔しかったので、次の日に送ったメールの最後には「ユーモアのない妻より」と入れてやりました。ぷんすか。
e0048933_17435171.jpg
全然関知してないアイラ氏の今朝の様子。ヤドカリの真似ですか?
[PR]
by martinne | 2012-07-23 18:16 | 生き物

beadsと私のてんてこ毎日


by まるちーぬ