萌える女

e0048933_1853465.jpg週末に次女が掘ってきた里芋です。立派立派。
毎度主張しているけれど、私は里芋と蓮根が大大大好きで、いつもどちらかを選べと言われたら、どうしたらいいのだろうと身悶えしながら生きています。大げさです。

メロドラマぢゃないけれど、なんであれトライアングルな関係というのが、えっーと、言ってみれば私の中では「萌え」ポイントが高いようです。
といっても、どちらかを選ぶという苦渋の選択に身をやつすワケではなくて、絶妙のバランスでそれぞれとの程良い距離感を量る、というのがたまらんということなの。ずるいな。いやでも、ぢぶんが幸せでないと、相手にも失礼ですからね。ぢぶんあっての物種(え?)。
しかしながら、これが例えば源氏物語の浮舟であったなら、恋に身を焦がし美しくやつれることも可能なのに、私の場合は里芋と蓮根が相手。やつれるどころか肥えるのみ。ぢんせいとはままならぬものです。
とりあえず今夜は、歯ごたえの素晴らしい蓮根を想いながら、ぢぶんの業におののき、目先にある里芋との距離にときめくのでありました。萌え~。
[PR]
by martinne | 2005-11-06 19:50 | つれづれ

beadsと私のてんてこ毎日


by まるちーぬ