ナイスカットミルが来た

e0048933_21531871.jpgどんな朝であろうとも、毎日必ず7時前には、ほぼ間違いなくミルを手にして珈琲豆を挽いているのが私の日常。
スリムなフォルムがイケてたザッセンハウスのミルも、気がつくと10年選手になっていました。決してキライになったわけぢゃないけれど、カリタのナイスカットミル(以下ミル太郎)には、長いこと片思いしていたの。それが縁あってこの度ついにうちの子に。ぱんぱかぱ~ん。
家庭用のコーヒーミルは、ほとんどがグラインド式ミルと呼ばれる、豆をすりつぶすタイプのものが多いのですが、このミル太郎はカッテイング式ミルなのであります。コンパクトな業務用。そそられるでしょ。何が良いのかと言えば、豆を挽く時の摩擦熱が少ないということですね。香りが劣化するので、この摩擦熱はあまりよろしくないのだそうです。受け売りだけどね。
ああでも、一生大切にするよ、ミル太郎。一緒に幸せになろうね。
[PR]
by martinne | 2005-11-05 22:31 | LOVE

beadsと私のてんてこ毎日


by まるちーぬ