塞翁が馬

登録講師として所属している「日本アートアクセサリー協会」が、この春から事業規模を縮小することになったそうで、昨日お便りが届きました。
昨年のビーズグランプリ作品展がなかなか開催されず、気を揉んでいたところに、今年のビーズグランプリの中止のニュースが飛び込み、驚く間もなくこのお便り。不況の波高し・・・。
縮小の一環として、登録制度も無くなくなってしまうのですが、資格は生きているので、困ると言うより、寂しさを強く感じています。
何と言っても、2003年に始まった認定試験の第1期生なの、ワタシ。色々と思い出もあるのです。
ここ数年は、毎年この時期はビーズグランプリの公募が始まっていたので、5月くらいまでは、いつも頭の中はそればかり。作っては解いて、自画自賛しては自己嫌悪、の繰り返し。今年はそれが無いのだと思うと、ああ、やはり淋しいなぁ。
きっと、このがさぽんたん(ガサツであんぽんたん)人生にけぢめをつけて、ここらで、ちょっと考えなさいということなのかもしれません。思い当たるだけに胸がちくちくします。
さて、私はどこに向かって行くべきなのでしょう。でも、それはまだ、ヒ・ミ・ツ。・・・ぢゃなくて、み・て・い。手を動かしながら考えます。
e0048933_20123145.jpg

[PR]
by martinne | 2010-02-04 20:46 | 工房

beadsと私のてんてこ毎日


by まるちーぬ